×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ロマンシング佐賀

場所:佐賀県全域


キャット「皇帝陛下がロマンシング佐賀のイベントに行ってきたそうよ。」
ロックブーケ「全く……そんな暇があるのならば、“破壊するもの”を倒す準備をしてもらいたいものだ。未だにアビスゲートが閉じる気配が無いというのに。」
キャット「ちょっと!いきなり出てこないでよ。貴方、ロマサガ2では敵だったよね?」
ロックブーケ「案ずるな。事前知識の無い者達に補足しておくが、私はエンペラーズサガでは味方側だ。」
キャット「皇帝陛下も最初は戸惑ったみたいだね。」
ロックブーケ「エンサガをプレイしていない人には、この会話自体が意味不明だろうな。」


ロックブーケ「さて、本題のロマ佐賀イベントについてだが……詳細はこれを参考にするのだな。」
キャット「このイベントは平成27年6月28日まで開催されているわね。」


キャット「エンサガプレイヤーにメリットはあるの?」
ロックブーケ「イベントに参加することで、SCR22のロックブーケ(唐津線)が2枚もらえるのだ。」

ロックブーケ「1枚はパンフレットに記載されているコード。もう1枚は観光アプリ“どがんしたと?”スタンプラリーの成功報酬だ。」
キャット「LGRじゃないんだね」
ロックブーケ「そうだな。何故だろうな?重なっていないLGRなんて、いずれパーティには入らなくなる。」
キャット「記念カードにすれば、希少性も高まって遠方からでも佐賀まで来る人もいそうなのに。」


ロックブーケ「どうやら皇帝は時間の都合上、半日のみの参加だったそうだ。」
キャット「それでも、これだけ楽しめたみたいだよ。」

①大皿を見学する
②駅装飾
③スタンプラリー(スマホ版)
④ラッピング列車
⑤佐賀名物を食べる
⑥唐津の観光地を巡る


ロックブーケ「まずは、ぎゃらりぃ ふじ山だ。此処では小林智美氏直筆の有田焼大皿を拝見することが出来る。」



ロックブーケ「是非、実物をじっくりと見て貰いたいものだ」


キャット「スーパーファミコンだ!」
ロックブーケ「懐かしいな。此処ではロマサガ2で遊べるのだ。」
キャット「“みなでつなげようヒロシ皇帝継承への道”?」
ロックブーケ「ギャラリーに来た客が少しずつゲームを進めて、最終的に七英雄を倒すようだな。」
キャット「まさに伝承法ってわけね。」


キャット「お土産も買えるのね。」


ロックブーケ「次は駅の装飾だな。装飾されている駅は、佐賀駅、小城駅、多久駅、そして唐津駅の4箇所だ。」
キャット「4箇所?七英雄なら7箇所のラリーポイントかと思ったのに。」
ロックブーケ「皇帝も企画者は本当にロマサガ2をプレイした事があるのか?と疑問に思ったそうだ。」
キャット「ロマンシング佐賀3に期待しましょう!」


ロックブーケ「まずは佐賀駅だ。佐賀駅のパネルはコレだ。」

キャット「SCR白銀の皇帝ね。これ、エンサガプレイヤーじゃないと分からないんじゃないかな?」
ロックブーケ「見惚れるのは構わないが、スマホアプリのスタンプラリーを忘れないことだな。」
キャット「み、見惚れてなんかいないわよっ!」

ロックブーケ「ホームも装飾されていたな。」


ロックブーケ「次は小城駅のデコレーションだな。駅名標とパネルが飾ってある。」


ロックブーケ「これは多久駅のデコレーションだ。広告の看板等が装飾されていた。」
キャット「パネルは駅内には置いてないから気をつけてね!」


ロックブーケ「最後は唐津駅のデコレーションだ。こちらも、ホームが装飾されているな。」
キャット「……誰?この人?」
ロックブーケ「インペリアルサガの半神アデルだそうだ。それ以上の事は分からない。」
キャット「何となくだけど、エンサガとペリサガのPRイベントって感じがするわね。」
ロックブーケ「時期的にそうかもしれないな。」


ロックブーケ「4駅間の移動手段だが、電車で移動するのは時間効率の点ではオススメできない。」
キャット「どうして?ラッピング電車もあるんだから、電車で移動するのが定石なんじゃないの?」
ロックブーケ「それも一理あるのだが……この時刻表を見てくれ。こいつを見てどう思う?」

キャット「すごく……本数が少ないです。」
ロックブーケ「スマホアプリのスタンプラリーと駅装飾を見学するだけなら、かなり時間が余るだろう。」
キャット「一度駅を降りちゃうと、次の電車まで待たなきゃいけなくなる訳ね。」
ロックブーケ「その通りだ。佐賀から唐津まで移動するだけで半日は必要だ。」
キャット「スタンプラリーをやって時間を潰すと良いんじゃないかな?」
ロックブーケ「その通りだな。特に、小城駅と多久駅は時間つぶしに難儀するぞ。覚悟しておけ。」




キャット「これはラッピング列車だね」
ロックブーケ「事前に運転情報は調べておくことを強く推奨するぞ。平日の運転本数は少ないからな。」
キャット「佐賀駅と唐津駅は人が多いから、撮影で人目を気にする人は西唐津駅がオススメだよ!」


キャット「お腹がすいたら唐津名物はいかがでしょう?」

ロックブーケ「これは唐津バーガーだな。」
キャット「おいしそう!」
ロックブーケ「スペシャルバーガー(490円)ならチーズ、たまご、ハム、パティの全てが堪能できる。」
キャット「販売している所って野外なのね。」
ロックブーケ「虹ノ松原の駐車場だな」
キャット「出来立てのハンバーガーを野外で食べると美味しさも引き立つよ!」


ロックブーケ「これも佐賀のご当地グルメ。シシリアンライスだ。」
キャット「見た目が華やかだね!」
ロックブーケ「ご飯の上に甘辛いタレで炒めた薄切り肉と玉ねぎ、その上に生野菜を盛り付け、仕上げにマヨネーズを網かけしている。」
キャット「このシシリアンライスは何処のお店なの?」
ロックブーケ「カフェ・ドンキホーテだ。車で行かないと少し辛い場所にある。」
キャット「シシリアンライスが食べられる場所は此処だけじゃないから、安心してね。ところで……」
ロックブーケ「?」
キャット「皇帝陛下ってB級グルメ好きなのかな?呼子のイカ料理や佐賀牛も有名なのに。」

ロックブーケ「呼子には行ったそうだが、店が閉まっていたようだ。」
キャット「この写真は呼子大橋ね。」
ロックブーケ「是非、皇帝の無念を晴らしてくれ。」



ロックブーケ「最後は唐津の観光地だな。スタンプラリーポイントの1つだから、時間を潰すには良いだろう。」


キャット「ふー。」

キャット「いかがでしたか?」
ロックブーケ「此処では紹介してない場所も沢山ある。嬉野温泉、吉野ヶ里遺跡、有田ポーセリンパーク……」
キャット「行程、2日は欲しい所だね。」
ロックブーケ「是非、佐賀を訪ねてみてくれ。我々はこれからアビスの封印に向かう。」
キャット「それでは佐賀で会いましょう!」

参考サイト

ロマンシング佐賀2
http://romasaga2.jp/




TOP Back